人権教育講演会 
 
 本学部において、人権に取り組むようになったのは1971年の教育学部当時からです。
その後、同和教育推進委員会が発足し、年に1回は、教員向けに講演会が始まりました。
やがて学生も対象にも行われるようになり、回数も年に3回実施するようになりました。
2007年以降は、内容によって、市民にも広く呼びかけています。
学校関係者や行政関係者も人権にかかわる市民団体など、広範囲の方が参加されます。
講演録は、毎年「教育ニュース」「文教ニュース」として、学内の教職員向けに発刊してきましたが、
2010年度より、紙媒体の報告書を廃止し、このホームページからダウンロードできるようにしました。

ここでは近年の講演会を紹介しています。
講演録がダウンロードものは、タイトル名に下線のあるものです。

日程 参加対象 タイトル 講師 備考
2011年度
第三回講演会 2012.1.11
教職員

キャンパスにおけるハラスメントの現状と発生防止について

奈良県立医科大学女性研究支援センター  御輿久美子先生 男女共同参画推進委員会と共催
2011年度
第二回講演会 2011.10.26
学生・教職員・市民 飲酒のルール・マナーと人権----アルハラ被害の根絶に向けて 愛媛大学
小佐井先生
学生委員会と共催
2011年度
第一回講演会 2011.6.22
学生・教職員 それって、なにハラ?〜ハラスメントの加害者にも被害者にもならないために〜 福岡ジェンダー研究所
高木里美先生
男女共同参画推進委員会と共催
2010年度
第三回講演会 2011.2.2
教職員 佐賀の子どもたちは〜子どもの育ちを支える取り組み〜 佐賀県人権・同和教育研究協議会
今村統嘉先生・宮ア義浩先生
2010年度
第二回講演会 2010.10.27
学生・教職員・市民 「障害」をつくりだしているのは誰?
〜メディアの中の障害者像から考える〜
財)世界人権問題研究センター
松波めぐみ先生
2010年度
第一回講演会  2010.6.30
学生・教職員 ハラスメントのない明るい学生生活を 福岡ジェンダー研究所
倉富史枝先生
2009年度
第三回講演会 2009.11.11
教職員 心理相談からみた現代の大学生の問題と対応について 佐賀大学保健管理センター
佐藤 武先生
学生委員会と共催の教授会研修
2009年度
第二回講演会 2009.10.27
学生・教職員・市民 差別って いったいなんやねん?
〜もっとホンネで、主語は「わたし」で〜
山口県人権啓発センター
川口泰司先生
2009年度
第一回講演会  2009..6.24
学生・教職員 ハラスメントのないキャンパスのために
―アカハラ・セクハラを考える―
広島大学 
横山美栄子先生
2008年度
第三回講演会 2008.12.3
教職員 セクシュアル・ハラスメントのないキャンパスを目指して 福岡ジェンダー研究所
堤かなめ
教授会研修
2008年度
第二回講演会 2008.10.22
学生・教職員・市民 人権の社会と同和教育―私の歩いてきた道― 九州大学
林 力先生
2008年度
第一回講演会  2008.6.11
学生・教職員・市民 女性・人権・アジア 作家
林 郁先生
2008年度
第三回講演会 2008.2.12
学生・教職員・市民 人権の現状ー韓日交流の記憶、東アジアの人権問題を絡めて 東京学芸大学
李 修京先生
2007年度
第二回講演会 2007.11.28
学生・教職員・市民 いのちとまっすぐ向き合うために
〜隠された風景から見えるもの〜
毎日新聞西部本社
福岡賢正先生
2007年度
第一回講演会  2007.6.13
学生・教職員・市民 ハンセン病問題から差別の連鎖を問う 富山国際大学
藤野豊先生